Chrome OS を使用してハイブリッドな勤務形態とオフィス勤務の再開を実現

オフィス勤務の再開計画を開始し、Chrome OS でハイブリッドな勤務形態に対応しましょう。Chrome OS は場所に関係なく仕事の生産性を維持できるように開発された、最新の安全なソリューションです。

Chrome Enterprise でリモートワークを実現

在宅勤務、オフィス勤務、そしてその両方を併用するすべての従業員に対応

以前、リモートワークは例外的でした。しかし現在では、多くの従業員にとって不可欠な選択肢となっています。Chrome OS はこのような状況に対応するために構築されており、ハイブリッドな勤務形態への対応とオフィス勤務の再開計画を支援します。

Fast deployment, simple management

迅速な導入、シンプルな管理

  • Chrome OS Readiness Tool を使用して、オフィス勤務を再開する際に従業員が Chrome OS に移行する準備ができているかどうかを評価
  • ゼロタッチ登録を利用して、事前登録済みのデバイスを従業員に直接配送
  • クラウドベースの Google 管理コンソールで 500 種類以上の設定とポリシーを使用して、どこからでもデバイスを管理
  • アプリ、設定、ブックマークなどをリモートで展開
Built-in, proactive security

組み込みのプロアクティブなセキュリティ

  • ウィルス対策機能搭載
  • デバイス上のストレージの暗号化、改ざん防止ハードウェア、確認付きブート、サンドボックスの各機能を搭載
  • 組み込みの Titan C セキュリティ チップでシステムの整合性とユーザー ID を保護
  • BeyondCorp Enterprise を使用して、ゼロトラスト セキュリティ モデルをウェブに拡張
  • ユーザーがログアウトした後にすべてのデータを削除して自動的にワイプするようにデバイスを設定
  • デバイスの紛失や盗難が発生した場合は、リモートで無効化または Powerwash を実行
Apps for every worker

すべての従業員向けのアプリ

  • Chrome OS 向け Parallels Desktop を使用して、従来の Windows 専用アプリをフル機能で利用可能
  • managed Google Play、Chrome ブラウザ、クラウドアプリを使用して生産性向上アプリへのアクセスを共有
  • Chrome Enterprise Recommended を活用して、ユーザー エクスペリエンス、品質、機能、セキュリティに優れたサードパーティのソリューションとアプリを入手
  • Google Meet、Zoom、RingCentral などのビデオ会議ソリューションを使用したコミュニケーションやコラボレーション

コストを最小限に抑え、経費を削減

従業員のダウンタイムの短縮、セキュリティ侵害の低減、ハードウェア / 電力 / ライセンスの費用削減により、デバイス 1 台あたり年間 482 ドルのコスト削減*が可能です。

Chromebook によるコスト削減の詳細を見る

*参照元: ESG による調査

コストを最小限に抑え、経費を削減

すべての従業員に対応する最新式の­ソリューション

ナレッジ ワーカーにも現場スタッフにも、あらゆるユースケースに対応する Chrome OS デバイスがあります。

スーパーマーケットのレジ担当

現場の従業員

  • オフィス勤務の現場スタッフには、高性能の Chromebox または Chromebase を備えたフリーアドレス デスクまたは共有ワークスペースを用意します。また、リモートワークの従業員には包括的なデスクトップ環境を提供します。
  • Chrome OS 用に最適化されたエンタープライズ クラスのドッキング ステーション(Works with Chromebook プログラムで認定取得済み)を使用して、ヘッドセット、充電器、ウェブカメラなどの周辺機器を接続できます。
  • Chromebook 貸し出しプログラムを利用すると、一時的にまたは 1 時間単位で貸し出し用の Chrome OS デバイスを従業員に提供できます。
在宅勤務をしている人

情報ワーカー

  • ハイブリッドな勤務形態の従業員は、在宅勤務とオフィス勤務をスムーズに切り替えることができます。オフィス内の各デスクにモニター、キーボード、マウスを事前に用意し、大手 OEM が提供するエンタープライズ クラスのドッキング ステーションに接続しておけば、Chromebook が支給されている従業員は自由に席を選んで仕事をすることができます。
  • オフィス勤務の従業員には、高性能の Chromebox または Chromebase を備えたフリーアドレス デスクまたは共有ワークスペースを用意します。また、リモートワークの従業員には包括的なデスクトップ環境を提供します。

ハイブリッドな勤務形態とオフィス勤務の再開に役立つツールキット

ご関心をお持ちの場合は、段階的に導入する方法、ユーザーとポリシーの設定方法、従業員が必要なアプリを利用できるようにする方法をご確認いただけます。

ハイブリッドな勤務形態とオフィス勤務の再開に役立つツールキット
Open House Logo
Chromebook があれば、物件情報を印刷することなく、Google ドライブから閲覧できるので時間短縮ができました。お客様からの急な質問にもすぐに答えられます。

株式会社オープンハウス ディベロップメント マンション開発事業部 営業部 マネージャー 主任 増田 隆司 氏

全文を読む

クラウドから Chrome ブラウザを管理

ハイブリッドな勤務形態を採用する組織が増えているため、IT チームがブラウザ環境を簡単かつ効率的に管理できることが重要になっています。組織内で複数のプラットフォームを利用している場合は、Google 管理コンソール内の Chrome ブラウザ クラウド管理を使用して、組織全体の Chrome ブラウザを管理できます。追加費用はかかりません。IT 部門は簡単にブラウザを登録して、社内外のネットワークのブラウザにポリシーを適用することができます。また、1 か所から拡張機能を展開、管理して、さまざまな場所で働く従業員をサポートできます。

今すぐ使ってみる
クラウドから Chrome ブラウザを管理

Chrome OS デバイスのビデオ会議ツールでコラボレーション

概要資料を見る

ご利用方法

エキスパートと協力して Chrome OS デバイスを組織に導入しましょう。

問い合わせる

Chrome Enterprise Upgrade の 30 日間無料試用にご登録いただくと、組織内の既存の Chrome OS デバイスを最大 50 台登録できます。

登録

Chrome OS Readiness Tool を使用して、Chromebook に移行可能な Windows デバイスを評価します。

ツールを入手する

エンタープライズ ニュース

Chrome Enterprise のニュースレターで最新情報を入手する

* 必須項目

名を入力してください。

姓を入力してください。

有効なメールアドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

役職を入力してください。

業種に応じた適切なご対応ができるように、この情報が必要です。

国を選択してください。

必須入力項目です。

このフォームを送信することにより、個人情報の共有に同意し、Google のプライバシー ポリシーに沿って提供した情報が使用されることを承認したものとみなされます。

お申し込みいただきありがとうございます。

リクエストを承りました。

Background shape
あなたにおすすめのトピックをご紹介します。
Chrome Enterprise のソーシャル メディア

LinkedIn で Chrome Enterprise をフォローして、最新情報をチェックしましょう。

フォロー
Chrome Enterprise Upgrade の無料試用

30 日間の無料試用にご登録いただくと、組織の Chrome OS デバイスを簡単かつ安全に管理できます。

登録