ブラウザレイヤーでの企業データのセキュリティ

Chrome ブラウザは安全性を重視した設計になっており、IT 担当者は、信頼できる生産性向上アプリをユーザーに提供し、企業データの安全性を確保できます。

セキュリティのイラスト
エンドポイント セキュリティにおける最前線の壁となったブラウザ

エンドポイント セキュリティにおける最前線の壁となったブラウザ

今やブラウザは、単にインターネットにアクセスする手段ではありません。企業の生産性とセキュリティに不可欠な存在です。組織のセキュリティ対策を強化するために企業が利用できる Chrome の機能について、詳しくはこちらの資料でご確認ください。

組み込みの保護機能

組み込みの保護機能

従業員の作業を中断することなく、企業のデータとユーザーを保護できます。

ユーザーが危険なサイトへのアクセスや悪意のあるファイルのダウンロードを試みようとすると、セーフ ブラウジングの機能によって自動で警告が表示されます。
6 週間(またはそれより短い期間)ごとにバックグラウンドで自動更新が実施され、ブラウザを最新のセキュリティ パッチが適用された状態に維持します。
サンドボックス化によって、悪意のあるウェブページからマルウェアがインストールされるのを防止します。また、サイト分離によってウェブサイトのページを異なるプロセスに配置し、悪意のあるサイトが他のサイトからデータを盗めないようにします。
パスワード アラートでは、ユーザーが企業用パスワードを企業以外のサイトでも使用しようとすると、パスワードを変更するよう警告されます。

組織向けにカスタマイズできるポリシー

簡単に制御できるポリシーを使用して、IT 担当者はセキュリティとコンプライアンスのニーズを満たし、ユーザーの生産性を維持できます。

幅広い基準に準拠するために権限またはランタイム別にきめ細かなポリシーを適用し、ユーザーがアクセスできる対象を制御できます。ポリシーに基づき拡張機能を許可またはブロックできます。
プライバシー モードとポリシーを一元管理して、ゲストのデバイスや公共のデバイスにも安全なシークレット ブラウジング環境を提供します。
従来のブラウザのサポートを使用すると、指定したアプリの場合にのみ代替ブラウザにリダイレクトされるため、ユーザーが従来のブラウザを使用する時間を制限できます。
ポリシーと制御
Duo Security を使用して Chrome Enterprise で顧客データを保護する方法

脅威からの高度なデータ保護

Google の新しいゼロトラスト サービスである BeyondCorp Enterprise を使用すると、業務上重要なアプリケーションやサービスに簡単かつ安全にアクセスできるほか、Chrome でデータを脅威から保護できます。Chrome は毎日何十億人ものユーザーに使用されているブラウザです。

  • フィッシングや不正なソフトウェアから保護
  • センシティブ データを保護
  • セキュリティとコンプライアンスなどの機能を簡単に設定可能
  • 潜在的なオンラインの脅威を可視性して分析情報を取得
BeyondCorp Enterprise の詳細を見る

BeyondCorp Enterprise と Chrome Enterprise の詳細

Chrome は BeyondCorp Enterprise のゼロトラスト機能と脅威からの高度なデータ保護機能を使用して、ブラウザレベルでユーザーを保護します。Chrome が果たすこの重要な役割について詳細をご覧ください。

エンドポイント セキュリティにおける最前線の壁となったブラウザ
緑の歯車のイラスト

エンタープライズ サポート プラン

ベスト プラクティスを確認したり、潜在的な問題をトラブルシューティングしたり、ユーザーのダウンタイムを回避したりできます。年中無休 24 時間体制の Chrome ブラウザ エンタープライズ サポートで Google のエキスパート チームが対応します。

お問い合わせ
ヘルプセンターでサポート記事をご覧ください。

管理性に優れた安全なブラウザ

Get unified browser management and visibility across operating systems with Chrome Browser Cloud Management.

管理のアイコン

単一のツールで複数のオペレーティング システムを管理

IT 担当者は、ウェブ インターフェースを使ってセキュリティ ポリシーを 1 か所で設定、管理できます。また、異なるオペレーティング システムに同一の安全な環境を提供できます。

ブラウザの可視性のアイコン

セキュリティと可視性を強化

ブラウザのインベントリと拡張機能のレポートを確認し、ガバナンスとコンプライアンスへの取り組みに役立てることができます。

歯車アイコン

企業のセキュリティ ニーズに合わせてブラウザを構成

Chrome ブラウザ クラウド管理で、企業データに対する処理を管理し、不要な処理はいつでも排除できます。

Chrome ヘルプキット

Chrome ヘルプキット

ユーザー フレンドリーな 3 つのドキュメントからなる Chrome ヘルプキットを作成しました。生産性、プライバシー、セキュリティに関するヒントが記載されています。エンドユーザーと共有してご利用ください。

ブラウザのセキュリティに関するリソース

ノース カロライナの Blue Cross Blue Shield では Chrome ブラウザでセキュリティと生産性を強化しました。
The Climate Corporation
The Climate Corporation では Chrome ブラウザを使用して従業員の連携と生産性を強化しました。
Middlesex Health
Middlesex Hospital では Chrome ブラウザを使用して、患者のデータを安全に保持し、医療関係者の生産性を向上させました。
Vertex
Vertex では Chrome ブラウザを使用して顧客の税務データの安全性と機密性を確保しています。
ゼロトラスト セキュリティを使用してデータを脅威から安全に保護

BeyondCorp Enterprise と Chrome Enterprise を使用することで、リスクが低減され、OS に関係なく業務上重要なアプリケーションとサービスに簡単かつ安全にアクセスすることができます。この仕組みの詳細をご覧ください。

Chrome ブラウザ エンタープライズ サポート

ベスト プラクティスを確認したり、一時的な中断を回避したり、ユーザーのダウンタイムを最小限に抑えたりできます。Google のエキスパート チームが年中無休 24 時間体制で対応します。

Chrome ブラウザ クラウド管理によるブラウザの保護と管理

OS を問わずブラウザを集中管理して安全性を確保するうえで、Chrome ブラウザ クラウド管理がどのように役立つのかご覧ください。

Chrome ブラウザのパスワード アラートを使用してデータ侵害と企業 ID の盗難を低減

パスワード アラート ポリシーの仕組みと、組織でそれを設定する方法を理解しましょう。

Chrome ブラウザのセキュリティ

Chrome のエンタープライズ レベルの管理機能を使用すると、デバイスとプラットフォーム全体でクラウド ワーカーとビジネスを保護できます。

Chrome ブラウザ エンタープライズ セキュリティ構成ガイド

セキュリティ ポリシーを有効または無効にする際に考慮すべき点について、詳細をご覧ください。

Chrome ブラウザ エンタープライズ拡張機能ガイド

拡張機能の管理オプションを確認し、ニーズに合った方法をお選びください。

企業向け Chrome ブラウザ プライバシー ガイド

プライバシー モードのオプションと、これらが組織のプライバシー、データ保護、コンプライアンスのニーズにどのように役立つかを理解しましょう。

Center for Internet Security(CIS)による Chrome ブラウザのベンチマーク

記載されている一連の推奨事項でエンドポイントのセキュリティを強化する方法をご確認ください。

背景の形。 背景の形。 背景の形。 背景の形。

次のトピック

ブラウザ管理の詳細

ブラウザ管理の詳細を確認