Enterprise ポリシーの URL パターンの形式

複数のポリシーで、適用する URL に URL パターンを指定する必要があります。このパターンの仕様は、次のルールで示すとおりです。

次のいずれかの形式に該当するものが有効なパターンの仕様です(引用符は含みません)。

  • “*”
    • このパターンは任意の URL(任意のスキーム、ポート、パス)と一致します。
  • “scheme://domains:port/path”
    • サポートされているスキームは「http」と「https」です。
    • スキームは、スキーム用の区切り文字「://」を使用して記述できます。この場合、任意のスキームと一致します。代わりにワイルドカード「*」を使用した場合も同じ効果を実現できます。
    • ドメインの後ろにはトップレベル ドメインを記述します。ドメインの前には 1 つ以上のサブドメインを記述できます。代わりにホスト名(localhost など)を使用することもできます。
      • ドメインの前にワイルドカード「[*.]」を付けると、そのドメインまたは任意のサブドメイン(任意のレベル)と一致します。ワイルドカード「[*.]」は、後ろにドットを付けず、ドメインまたはサブドメインの直前に記述する必要があります。
      • ドメインの前にワイルドカードが付いていない場合は、正確に同じドメインとのみ一致し、サブドメインとは一致しません。
    • ポートは 0~65535 の範囲の数字です。ポート用の区切り文字「:」を付けて記述するか、ワイルドカード「*」に置き換えます(ワイルドカードを使用した場合は任意のポートと一致します)。
    • 同様に、パスを記述する場合は区切り文字「/」を使用するか、ワイルドカード「*」で置き換えます(ワイルドカードを使用した場合は任意のパスと一致します)。
    • スキーム、ドメイン、ホスト、ポート、パスとの部分一致にワイルドカードを使用することはできません。
    • 同一パターン内での複数ワイルドカードの使用もサポートされています(例: *://google.com:*/*)。
  • “scheme://a.b.c.d:port/path”
    • ドメインの代わりに、「a.b.c.d」の形式で IPv4 アドレスを使用できます。スキーム、ポート、パスのルールはドメインの URL と同じですが、ワイルドカードは IP アドレスには使用できません。
  • “scheme://[a:b:c:d:e:f:g:h]:port/path”
    • 「[a:b:c:d:e:f:g:h]」の形式で IPv6 アドレスを使用することもできます。角かっこは必須です。IPv4 アドレスと同様、ワイルドカードはサポートされていません。スキーム、ポート、パスのルールは、ドメインの URL および IPv4 アドレスの場合と同じです。
  • “file://path”
    • 「file」スキームを使用する場合、パスは「/」で始まる必要があります。そのため、「file://dir/myfile.html」は無効なパターンであり、代わりに「file:///dir/myfile.html」(「file:」の後ろのスラッシュが 3 つ)を使用する必要があります。ファイルの URL でワイルドカードを使用する場合、有効な形式は「file:///*」のみです。これは任意の有効なファイルの URL と一致します。
    • ファイルの URL のドメイン部分は空にする必要があります。この場合、任意のドメイン(または localhost)と一致します。たとえば、「file:///file.html」は「file://localhost/file.html」および「file://mysite.com/file.html」と一致します。
    • ポートは使用できません。

無効なパターン

  • 「*://mysite.com:*/path」は、http://mysite.com:80/path と https://mysite.com:443/path の両方と一致します。
  • [*.]mysite.com は、mysite.com と subdomain.mysite.com の両方と一致します。また、任意のスキーム、ポート、パスとも一致します。
  • [*.]oogle.com は google.com とは一致しません。ただし、subdomain.oogle.com とは一致します。
  • file:///foo/bar.html は、file://localhost/foo/bar.html および file://mysite.com/foo/bar.html と一致します。
  • file:///* は有効で、file:// の任意の URL と一致します。
  • スキーム、ポート、パスは IP アドレスと一緒に使用できます。たとえば、https://[::1]:8080/myfile.html は有効です。

パターンの例

  • [*.].mysite.com は無効です(「mysite」の前のドットがあるため)。
  • file://mysite.com/somefile.html は、ドメインが空でないため無効です(ファイルの URL では許可されていません)。
  • file://somefile.html は無効です(スラッシュが 3 つではなく 2 つしかないため)。
  • file://somefile.* は無効です(ファイルの URL でワイルドカードを使用する場合、有効な形式は file:///* のみです)。
  • [*.]127.0.0.1 は無効です(IP アドレスを使用する場合、サブドメインまたはサブドメイン用ワイルドカードは使用できません)。
Newsletter icon

Enterprise ニュース

Chrome Enterprise のニュースレターで最新情報を入手する

* 必須

名前(名)を入力してください。

名前(姓)を入力してください。

有効なメールアドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

役職を入力してください。

業種に応じた適切なご対応ができるように、この情報が必要です。

国を選択してください。

必須入力項目です。

このフォームを送信することにより、個人情報の共有に同意し、Google のプライバシー ポリシーに沿って提供した情報が使用されることを承認したものとみなされます。

Background shape
Background shape
Background shape
Newsletter icon

ありがとうございます

リクエストを承りました。