Chrome OS
Readiness Tool

Chrome OS Readiness Tool は、組織内のどの Windows デバイスが Chrome OS デバイスに移行可能かを評価するための、非公開で使用できる無料ツールです。

ツールをダウンロード

このツールでできること

従業員のアプリ使用状況を分析

  • 対象の Windows デバイスを Chrome OS に完全に移行できるか、Chrome OS で VDI や Parallels Desktop のサポートが必要かどうかを分析できます。
  • 検証済みの Google データベースを使用してアプリの互換性をチェックします。

データを保護し簡単に実装できる軽量なツール

  • Windows デバイスに簡単に実装可能で、パフォーマンスに影響を与えることはありません。
  • データはすべて社内にとどまり、指定した場所に保存できます。Google とデータが共有されることは一切ありません。

組織と従業員に合わせてカスタマイズ

  • クラウドに移行可能かどうかのアプリケーションのカテゴリをカスタマイズできます。
  • ご利用のソフトウェア管理ソリューションを使ってデプロイし、Google Cloud Storage または共有ドライブに結果を保存できます。

ツールの仕組み

デプロイ

Windows デバイスにツールをデプロイします。

アプリの使用状況をモニタリング

アプリの使用状況が非公開で取得されます。データが Google と共有されることはありません。

データベースに基づいて検証

使用アプリが検証済みのデータベースと比較されます。

概要をレポート

レポートでは、クラウドに移行可能、仮想化のサポートが必要、移行不可のカテゴリにデバイスが分類されます。

Newsletter icon

ツールをダウンロード

フォームに記入し、今すぐツールをダウンロードしてデプロイしましょう。

詳細なドキュメントと設定手順は、こちらでご覧いただけます。

ツールのデモ動画をこちらでご覧ください。

* 必須

名前(名)を入力してください。

名前(姓)を入力してください。

役職を入力してください。

有効なメールアドレスを入力してください。

+1

有効な値を入力してください。

会社名を入力してください。

業種に応じた適切なご対応ができるように、この情報が必要です。

必須入力項目です。

国を選択してください。

このフォームを送信することにより、個人情報の共有に同意し、Google のプライバシー ポリシーに沿って提供した情報が使用されることを承認したものとみなされます。

ありがとうございます。これで準備完了です。

Chrome OS Readiness Tool のダウンロードが開始します。利用を開始するには、手順を説明したデモ動画をご覧になるか、Google の詳細なドキュメントと設定手順をご確認ください。

Chrome OS Readiness Tool のデプロイ方法