Chrome Enterprise 導入事例 - 株式会社オープンハウス

オープンハウス: Chromebook でより自由で柔軟性の高い営業チームを実現

概要

東京の不動産事業を取り扱うオープンハウスの営業所と情報センターでは、社外で会う顧客に印刷物で情報を提供していました。共有パソコンの前には常に長い列ができ、営業部員から顧客とのミーティングに持っていける個人用デバイスを求める声が出るようになりました。同社はマンション営業部に 100 台の ASUS Chromebook を導入しました。その結果、営業チームは電話営業に必要なすべてのツールを備えたデバイスを使用できるようになり、共有パソコンの待ち時間が解消されました。

オープンハウスについて

オープンハウス は東京の城南地域を主に取り扱う不動産仲介業者として 1997 年に創業しました。オープンハウスでは住宅用不動産と投資用不動産の販売、不動産の仲介、住宅およびマンションの開発、注文住宅の建築を行っています。

業種: 不動産、建築
地域: 日本

Chrome Enterprise の結果

デバイスのセットアップ時間を 2 日から 30 分に短縮

デバイスのセットアップ時間が 2 日から 30 分に短縮されたため、オープンハウスの IT 部門は 80 台の Chromebook を 1 日でセットアップして使用できるようになりました。

Google Workspace やマンション情報、SFA(Sales Force Automation)など、必要な機能はすべて Chromebook で利用できます。お客様への物件情報の説明時にタッチパネルが使えたり、反転表示ができたりという機能も便利です。

印刷にともなう時間と無駄が削減されました。

技術コストが 32% 削減されました。

Chromebook で販売のエクスペリエンスが向上します

オープンハウスの営業所に ASUS Chromebook がはじめて導入されてから 1 か月で、営業部員の働き方に変化が現れました。空いている机を使用したり、夕方の電話営業で Chromebook を活用したりするようになったのです。印刷が必要なときのために、オープンハウスの IT 部門ではクラウド プリントを使用したプリント サーバーを設置しました。このサーバーを経由して、スキャンした画像をドライブのフォルダに送信することも可能です。現在、営業チームは Chromebook のタッチスクリーンを使用して、クライアントにプレゼンテーションを行っています。印刷した販促資料に以前ほど頼ることがなくなったほか、電話営業もスムーズに行えるようになりました。

Chromebook があれば必要なツールのすべてにアクセスできます。持ち運びが簡単で、すばやく起動します。バッテリーも問題なく丸一日持続します。

オープンハウス、営業チーム、田村祐樹氏

Newsletter icon

Enterprise ニュース

Chrome Enterprise のニュースレターで最新情報を入手する

* 必須

名前(名)を入力してください。

名前(姓)を入力してください。

有効なメールアドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

役職を入力してください。

業種に応じた適切なご対応ができるように、この情報が必要です。

国を選択してください。

必須入力項目です。

このフォームを送信することにより、個人情報の共有に同意し、Google のプライバシー ポリシーに沿って提供した情報が使用されることを承認したものとみなされます。

Background shape
Background shape
Background shape
Newsletter icon

ありがとうございます

リクエストを承りました。